果実袋とは


 

果実袋の利用風景

 

ナ シ

品種「愛宕」
果樹園の状況 収穫期を迎えた果実
(白い紐は、台風など強風による落果防止)
 
 
 
 

ブドウ

品種「ピオーネ」
収穫期を迎え光沢のある房となった

 
 
 

リンゴ

品種「ふじ」


 
 
 

モ モ





小林製袋の果実袋  取扱い上の注意事項

 弊社では皆様のご意見を承って、果実袋品質の向上に努めております。製品につい

てお気付きの点がございましたら、要点をご記入のうえご一報ください。

 

  安心して使用していただくために

 

1.  適用品種、袋掛けおよび除袋の時期、方法については、地域の指導に従ってください。また、初めて使用

される場合は、試し掛けをしてからご使用ください。尚、ケース記載の用途(適用品種)以外への使用はご遠慮ください。

2. 地域の防除暦、指導者の指示に従って、適正な薬剤散布を行ってください。

3. この袋は果実生育期間中の保護袋です。それ以外の目的での使用はやめてください。

4. 購入後使用されるまでの間は、果実袋の変質防止のために、直射日光を避け、冷涼な場所に保管してください。
   また植物油を塗布した果実袋では、高温下では自然発火の危険性もありますので、特に冷暗所での保管に気を配ってください。
5. 購入された果実袋はその年に使用してください。

6. この果実袋には特殊紙を使用し、果実を保護するために必要な強度を持たせてあります。しかし予想外を超える風雨等の

の条件下では、その効力を発揮できない場合があります。
7. 使用済の果実袋は、畑等での野焼きを避け、適正な方法で処理をしてください。

 

安全に使用していただくために

 

1. 果実袋を子供の手の届く場所に放置したり、食品を入れたりしないでください。また、蚕室や貯桑室には

絶対に持ち込まないでください。

2.  袋掛け作業の際、手拭い、マスク等で口や鼻を覆い、保護クリームを使用することをお勧めします。

3.  止め金により手指が傷つくことがありますので、十分気を付けてください。指サック等の使用をお勧めします。

4.  袋掛け作業に際しては、袋を口に含むことがないように気を付けてください。

5.  袋掛け作業後は手や顔を石鹸で十分に洗ってください。

6.  作業中気分が悪くなったり身体に異状を感じたりした場合は、直ちに作業を止めてください。状況によっ

ては医師の診察を受けてください。

 

製品の保管

 

1. 保管方法が定められている製品については、その保管方法に従って下さい。

(表示内容)

         水漏注意。

         冷暗所保管。

         翌年への持ち越しは、接着力が低下しますので、ご遠慮下さい。

          直射日光を避け、日の当らない冷暗所(20℃以下)に保管してください。

 


TopPageへ