農業用強電解水生成装置

     強電解水は水道水に微量の塩化物を添加し、電気分解してできる高機能水
    (強酸性水・強アルカリ水)です。
化学薬品や農薬・殺菌剤とは異なり、有機物
    や土壌に触れると普通の水に戻るため、薬害や残留性がなく、

     人体や環境への影響もほとんどありません。   


       強い酸化作用を持ち、うどん粉病やカビ病など
                         病原菌を除去・抑制、優れた抗菌・除菌効果を発揮します。



       浸透性が高く、葉面や根からの吸い上げ効率を高めて植物の成長を促進させます。
                         収穫高向上と味覚・糖度などの品質向上にも効果があります。

●使い方事例                                                                                                                      

作 物 強酸性水pH 強アルカリ水pH 散布間隔 散布量g/10a
2.6 11.5 10日 500
ナス 2.6〜2.7 11.4 7日 200
2.6 11.4 10日 100


・芝等の病原菌に対する試験(pH2.6の強酸性水

微生物 発生菌数 処理時間
30秒後 1分後 5分後 10分後 30分後
リゾクトニア 1.6×10 4  <10 <10 <10 <10 <10
カーブラリア 6.2×10 4 2.8×10 2 <10 <10 <10 <10
ピシウム 4.0×10 4 <10 <10 <10 <10 <10
スレロティニア 1.3×10 4 <10 <10 <10 <10 <10

                             財団法人食品薬品安全センター

・強電解水の青枯れ病菌(バクテリア)に対する除菌効果

処理水/処理時間 1分以下 10分 30分
強酸性水pH2.85
ORP+1125mV
強アルカリ水pH11.5
OPR−880mV